くらし情報『映画『フォックスキャッチャー』に絶賛の声が集まる』

2015年2月10日 16:21

映画『フォックスキャッチャー』に絶賛の声が集まる

映画『フォックスキャッチャー』に絶賛の声が集まる
1996年に全世界を震撼させたデュポン財閥御曹司によるレスリング五輪金メダリスト射殺事件を映画化した『フォックスキャッチャー』が14日(土)から公開になる。本作は、関係者試写、マスコミ試写でも好評を集めており、多くの著名人が本作に熱いメッセージをおくっている。

その他の画像

本作は『カポーティ』で実在の作家トルーマン・カポーティを描いて故フィリップ・シーモア・ホフマンにオスカーをもたらしたベネット・ミラー監督の最新作。デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンからソウル・オリンピック金メダル獲得を目指すレスリングチーム“フォックスキャッチャー“の結成計画を持ちかけられたメダリストのマークとその兄の孤独、富と名声への欲望が鮮烈に描かれる。コミカルな演技でも人気を集めるスティーヴ・カレルがメイクで別人かと思うような風貌に変身して、シリアスな演技でジョン・デュポンを演じるほか、マーク・ラファロとチャニング・テイタムがメダリスト兄弟を演じる。

本作をいち早く観賞した著名人は劇中に登場するチーム“フォックスキャッチャー”のトレーナーを着用して記念撮影に応じており、プロレスラーの武藤敬司は「孤独な大富豪を唯一支えてきたお金。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.