くらし情報『世界が注目する新鋭監督の新作が封切り!』

2015年9月22日 15:16

世界が注目する新鋭監督の新作が封切り!

世界が注目する新鋭監督の新作が封切り!
鶴岡慧子の劇場デビュー作『過ぐる日のやまねこ』が9月19日に封切られ、木下美咲、泉澤祐希、田中要次らキャストと鶴岡監督が、ユーロスペースで行われた舞台あいさつに登壇した。

第37回 PFF(ぴあフィルムフェスティバル)の楽しみ方

初長編作品『くじらのまち』がベルリン映画祭で上映され、2作目『はつ恋』がバンクーバー映画祭で上映されるなど、世界がその才能を注目する鶴岡監督。3作目となる本作は、長野県上田市を舞台に、身近な人の死に囚われたまま生きていたふたりの若者が偶然出会い、生への希望を見出していく姿を描いた作品。『共喰い』の木下美咲と、『東京が戦場になった日』の泉澤祐希が出演する。

木下と泉澤は「ミステリアスな役どころで難しかったけれど、長野県上田市での撮影がとても素晴らしくて、思うままに演じることが出来た」(木下)、「この作品は、過去や記憶がテーマで、それに向き合うことの重要性、人の温かさや大切さを改めて考えるきっかけになると思います」(泉澤)とあいさつ。

田中は「僕自身も長野の木曽出身で、長野県出身の映画監督は多いのですが、また新たに長野出身の監督がデビューすると聞いて、これは『ほっとけない!』と意気込んで、脚本を読む前から出演したい!と申し出ました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.