くらし情報『映画『アメリカン・ドリーマー』の魅力に迫る』

2015年9月23日 10:27

映画『アメリカン・ドリーマー』の魅力に迫る

映画『アメリカン・ドリーマー』の魅力に迫る
オスカー・アイザックとジェシカ・チャステインが出演する映画『アメリカン・ドリーマー理想の代償』の特別映像が公開になった。犯罪統計史上最も犯罪が多かった1981年のニューヨークを舞台に、すべてを掛けて“夢”を掴もうとする者たちの姿を描いた力作で、特別映像では監督やスタッフたちが作品に対するこだわりや想いを存分に語っている。

『アメリカン・ドリーマー理想の代償』特別映像

本作の舞台になった1981年のニューヨークは、犯罪件数がとてつもなく多い危険な街だった。政治の腐敗は進行し、街の予算は削減され、犯罪は増加。白人たちは郊外に逃げ出していった。そんな中、移民のアベル(アイザック)は、一代で築き上げた富をすべて投じてユダヤ人の土地を購入しようとするが、アベルの会社のオイルが何者かに盗まれ、彼は窮地に立たされる。しかし、映像に登場するアベルは「いつも正しい道を選ぶ」と宣言。ブルックリンのギャングを父に持つ妻のアナ(チャステイン)は、兄に相談しようとするが、高潔なアベルはそれを制止する。

しかし、アベルにさらなる試練が訪れ、彼は真っ当に生きるべきか迷いながら、破産を逃れるべく奔走し、一世一代の賭けに勝って夢を掴もうとする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.