くらし情報『オダギリジョー、『FOUJITA』に手応え』

2015年11月14日 17:47

オダギリジョー、『FOUJITA』に手応え

オダギリジョー、『FOUJITA』に手応え
激動の20世紀初頭、フランスを拠点に活動した日本人画家・藤田嗣治の人生を描き出す『FOUJITA』の初日舞台あいさつが11月14日に、都内で行われ、主演を務めるオダギリジョー、妻役で共演する中谷美紀、10年ぶりに長編映画のメガホンをとった小栗康平監督が登壇した。

『FOUJITA』舞台あいさつ/その他の写真

オダギリ演じる藤田嗣治は“エコール・ド・パリの寵児”と高い評価を獲得しながら、帰国後は戦争協力画を描くことになった、葛藤に満ちた天才画家。「小栗監督は表情を作ったり、セリフに感情をこめたりする演技を嫌っていた」と振り返るオダギリは、「そのおかげで自分の演技もどんどん研ぎ澄まされ、セリフの重みも増した。とても新鮮な体験で、演技の新しい意味を見つけた気がする」と強い手応えを示した。

その上で「自分が演じる姿が、今までのどの作品より美しく見えた」と断言し、「今までは『東京タワー』のオダギリジョーと言われていましたが、これからは『FOUJITA』を代表作にしてもらえれば。自画自賛ではないですよ」と誇らしげ。劇中にも登場する等身大マネキンとのツーショットには照れ笑いだった。

そんなオダギリに対し、共演した中谷は「オダギリさん、とても素敵でしたよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.