くらし情報『松山ケンイチ&杉山監督が想いを語る』

2016年1月13日 12:24

松山ケンイチ&杉山監督が想いを語る

「本当の落語家の師匠と弟子の関係でも、師匠は全然稽古をつけてくれないというけど、それは師匠のコピーをやっても面白くないから。逆に他所の師匠のところに行って稽古をつけてもらったりしていて」

事実、本作は森田作品のコピーではない。「師匠」森田監督の映画術を踏まえながらも、杉山監督ならではの創意がきらきら輝く、まばゆい処女作だ。そんな杉山監督はあえて“監督の・ようなもの”と自称している。「あとで森田監督の書かれたものをいろいろ読んでみたら、監督も同じようなこと言っているんですよね。森田監督は、助監督経験なしでいきなりデビューして。本当のプロにまだ成りきれてないところから、作品を作り上げるごとに、どんどん味が出てくるようになっていったと思うんです。落語家も年を重ねると味が出てくるように。逆に(助監督経験の長い)僕の場合は、延々(落語家で言うところの)“二つ目”をやっていたわけですから。ということは、監督になったときに、失敗は許されない。それは重くプレッシャーとしてのしかかっていました。ただ、1本目は(森田監督の『の・ようなもの』と)同じスタートラインだから。“監督の・ようなもの”という言葉に励まされています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.