くらし情報『『杉原千畝』BD発売に唐沢寿明がコメント』

2016年3月4日 10:54

『杉原千畝』BD発売に唐沢寿明がコメント

『杉原千畝』BD発売に唐沢寿明がコメント
第二次世界大戦中、ナチス・ドイツによって迫害されていた多くのユダヤ人にヴィザを発給し、避難民の救済に尽力したひとりの日本人の偉業を描いた映画『杉原千畝 スギハラチウネ』のブルーレイ&DVDが6月2日(水)に発売されることが決定した。ソフト化に向けこのほど主演の唐沢寿明とチェリン・グラック監督がコメントを寄せた。

その他の画像

唐沢の演じた杉原千畝という人物は、同じく多くのユダヤ人を救った、ドイツ人実業家、オスカー・シンドラーになぞらえて“日本のシンドラー”とも呼ばれている。唐沢は「実在の人物を演じるという事でプレッシャーも大きかったのですが、この作品を経験したことで、人間の持つ真の決断力、勇気、愛、そして人や世の中のために自分には何ができるのかを度々考えさせられました」と話す。

本作の撮影は約2カ月に渡りポーランドで行われた。唐沢は「ポーランドの俳優達と共演出来たことも貴重な経験となりました。また、エキストラのユダヤの方々に、日本人であるというだけで感謝の言葉をいただいて、千畝さんの偉大さを改めて痛感させられました」と振り返る。

映画は、杉原が外交官として世界各国を行き来し、混沌とする世界情勢の情報を収集する中で、なぜ身の危険を冒しながらも諜報戦に身を投じ、政府の許可を待たずに独断でユダヤ難民にヴィザを発行し続けることが出来たのかが実話を基に描かれる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.