くらし情報『D・スティーヴンスがディケンズ役に挑戦』

2016年11月8日 11:48

D・スティーヴンスがディケンズ役に挑戦

『ダウントン・アビー』のダン・スティーヴンスが、『The Man Who Invented Christmas』に主演することになった。チャールズ・ディケンズの伝記映画で、スティーヴンスは『クリスマス・キャロル』を書こうとする、若き日のディケンズを演じる。

その他の情報

舞台は1843年。それまでに書いた3冊の本がどれも売れず、経済的に困ったディケンズは、家族を支えるため、6週間をかけて新しい本を書く。それが『クリスマス・キャロル』だった。

本の中の主人公スクルージは、クリストファー・プラマーが演じる。また、ジョナサン・プライスがディケンズの父親役で出演する。監督はバハラット・ナルルーリ。撮影は12月にスタートする。公開は来年の予定。

スティーヴンスの次回作は、エマ・ワトソンと共演する『美女と野獣』。プラマーは現在日本公開中の『手紙は憶えている』に主演している。

文:猿渡由紀

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.