くらし情報『松本幸四郎が7年ぶりに挑む『アマデウス』 上演400回を超えての再演』

2011年9月26日 18:27

松本幸四郎が7年ぶりに挑む『アマデウス』 上演400回を超えての再演

松本幸四郎が7年ぶりに挑む『アマデウス』 上演400回を超えての再演
上演400回を超えて7年ぶりに再演される、松本幸四郎の主演舞台『アマデウス』の制作発表会見が9月23日、都内で行われた。会見には、モーツァルト役に挑む武田真治と、その妻コンスタンツェ役を演じる内山理名も登壇した。

「アマデウス」チケット情報

『アマデウス』は天才作曲家モーツァルトの死を巡る謎をもとに創作され、映画化もされた傑作舞台。幸四郎は1982年の日本初演より、天才モーツァルトの存在に揺さぶられる音楽家サリエーリを、圧倒的な存在感で演じてきた。2004年の前回公演千秋楽では上演回数400回を記録し、今回は7年ぶりの再演となる。またキャストも一新し、武田と内山はそれぞれ初めての出演となる。

会見で幸四郎は「とうとう来年はサリエーリと同じ歳になりますが、回数よりもいかに一回一回いい舞台が出来たかどうか」と記録よりも観客に喜んでもらえる事が何よりと話す。また武田は「7年前の公演では染五郎さんが演じられていた役なので、やはり意識せずにはいられないですが、僕なりのモーツァルトにしたいです」と語ると、内山も「1982年の初演時にはまだ1歳でしたが、歴史のある作品にかかわれてとても光栄です」と上演を重ねてきた作品へ参加する意気込みを語った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.