くらし情報『松本潤と小出恵介が孤独な魂を燃やして殴り合うボクサー役に!』

2011年10月31日 18:18

松本潤と小出恵介が孤独な魂を燃やして殴り合うボクサー役に!

松本潤と小出恵介が孤独な魂を燃やして殴り合うボクサー役に!
誰もが熱く生々しく、不恰好だが痺れるような痛みと共に生きていた1960~70年代。その時代をそれぞれに駆け抜けた蜷川幸雄(演出)と寺山修司(原作)の現代での邂逅が、10月29日に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場で開幕した舞台『あゝ、荒野』だ。とてつもない熱量を演者にも要求する本作に挑んでいるのは、それぞれ2度目の蜷川作品となる松本潤と小出恵介。若手ながらくっきりと太い輪郭をもつ彼らの存在感で、テラヤマワールドが見事に現代によみがえった。初日の開幕前に囲み会見が行われた。

あゝ、荒野』チケット情報

ビルの合間にネオンがきらめく架空の街「新宿」。自信家ながら自らの現状に苛立っていた<新宿新次>(松本)は、<片目のコーチ>(勝村政信)に誘われて入ったボクシングジムで、同じくボクサーを目指す吃音の<バリカン>(小出)と出会う。両極端な性質ながら奇妙な友情を育んでいくふたり。だが欲望に対する強いエネルギーと自信に満ちた新次に対し、モノローグでしか心情を語れないバリカンは、新次と対戦することでしか自分は自由になれないと感じ始める。対戦のためにジムを移籍するバリカンと、黙って彼を見つめる新次。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.