くらし情報『より上質な作品創りを目指して、D-BOYS STAGE 10th『淋しいマグネット』の稽古がスタート』

2012年3月6日 12:00

より上質な作品創りを目指して、D-BOYS STAGE 10th『淋しいマグネット』の稽古がスタート

より上質な作品創りを目指して、D-BOYS STAGE 10th『淋しいマグネット』の稽古がスタート
ドラマや映画で活躍する新鋭を多数擁する俳優集団、D-BOYS。彼らのホームグラウンドともいえる舞台〈D-BOYS STAGE〉の記念すべき10作目となる『淋しいマグネット』の稽古がスタートした。

『淋しいマグネット』公演情報

『淋しいマグネット』は、スコットランドの劇作家ダグラス・マックスウェルによる原作をもとに、プロデュースユニット・案山子堂の御笠ノ忠次、映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』の監督・田中誠が上演台本を手がける作品。これまで世界8か国で上演されてきた本作が、小劇場界の実力派と人気映画監督という異色の組み合わせによってどう舞台化されるのか、この斬新な組み合わせにも期待したい。瀬戸康史阿久津愼太郎柳下大と陳内将、遠藤雄弥碓井将大荒木宏文橋本汰斗の8人が全役Wキャストで、それぞれ異なる組み合わせの4チームで演じる。

稽古初日の顔合わせでは、まず渡辺ミキ総合プロデューサーが挨拶の中で〈D-BOYS STAGE〉のこれまでの歴史に言及。「最初の数年間はいい舞台を創ろうという思いとともに、俳優の育成も重視してきた。今回は演劇の本質であるいい作品づくりに全力を尽くしたい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.