くらし情報『瑛太ら俳優+ダンサーの絶妙なアンサンブルが誘う「心の旅」に酔う』

2012年3月12日 15:57

瑛太ら俳優+ダンサーの絶妙なアンサンブルが誘う「心の旅」に酔う

瑛太ら俳優+ダンサーの絶妙なアンサンブルが誘う「心の旅」に酔う
演劇好きなら誰もが知るテネシー・ウィリアムズの『ガラスの動物園』。長塚圭史により詩情あふれる演出が加えられ、新たな魅力を引き出されたその舞台が3月10日東京・シアターコクーンで開幕した。

『ガラスの動物園』チケット情報

客電が落ち、劇場に闇がわだかまる。しばしの静寂の後、舞台に一筋の明かりが灯ると、光の中には瑛太演じる作品の語り部、作家の分身トムが唐突に立っている。次いで音楽とともに現れたのは、作家自らが「追憶の芝居」と言う劇中に棲み、物語を進める記憶の断片=ダンサーたち。演出の長塚圭史は、執拗かつ膨大に戯曲に書き込まれた作家の記憶と思い入れを、俳優とは異なる身体表現で軽やかに舞台に乗せることに成功していた。

物語はトムの記憶のなかにある過去、母アマンダ(立石凉子)と姉ローラ(深津絵里)との生活と、それを捨てた現在のふたつの時間を往還しながら進んでいく。家族の支配者である母と、ひどく内向的な姉。経済的に行き詰まった1930年代、大恐慌時代のアメリカという背景とともに、トムはこの小さな家族にがんじがらめにされ息苦しく暮らしている。そんな、世界に対して閉じて暮らす3人家族に、風のように現れてさざなみを立てるのはトムの高校時代の同級生にして現在の同僚、かつてローラが想いを寄せていたジム(鈴木浩介)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.