くらし情報『シナトラファンの綾戸智恵が『カム・フライ・アウェイ』に太鼓判』

2012年5月15日 10:52

シナトラファンの綾戸智恵が『カム・フライ・アウェイ』に太鼓判

シナトラファンの綾戸智恵が『カム・フライ・アウェイ』に太鼓判
フランク・シナトラの命日にあたる5月14日、彼を敬愛してやまないジャズシンガー・綾戸智恵が、都内でミニライブ&トークショーを開催した。

『カム・フライ・アウェイ』公演情報

「ジャズが何かを知らない2歳の頃から、私にとってのヒーローでした。こうして歌手をしているのは、彼の存在があったからこそ。ジャズへの道を作ってくれた“道路メーカー”なんです。今まで、一曲たりともシナトラを意識せずに歌ったことはありません」と話すほど、その思い入れは深い。ミニライブでは、シナトラのレパートリーの中から、『フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン』『夜のストレンジャー』『フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ』の3曲が披露された。

一方、トークのコーナーでは、今夏来日するブロードウェイ・ミュージカル『カム・フライ・アウェイ』が話題の中心に。綾戸は、シナトラの歌を全面的にフィーチャーしたこの舞台のオフィシャル・サポーターに就任しており、先日、アメリカはオハイオ州のクリーブランドにて実際の公演を観劇したばかり。

「すでにこの世にいない人の音楽をどう使うんだろう、と思っていたら、遺っている本人の肉声にあわせて生バンドが演奏して、それにのせてダンサーがバレエを踊るんですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.