くらし情報『痛みと共に爽やかな後味を残すキャラメルボックスならではの舞台が開幕』

2012年7月23日 13:02

痛みと共に爽やかな後味を残すキャラメルボックスならではの舞台が開幕

痛みと共に爽やかな後味を残すキャラメルボックスならではの舞台が開幕
アメリカのSF作家、ダニエル・キイスによる発表から半世紀以上を経た今も、世界中で読み継がれているベストセラー『アルジャーノンに花束を』。知的障害者チャーリイ・ゴードンが人工知能の手術を受けたことで対峙する家族や恋愛、友情などを、チャーリイの一人称による「経過報告」を用いて繊細に描いた名作だ。キャラメルボックスでは初の舞台化となる本作で、多田直人と阿部丈二がアクアとイグニスチームに分かれ、ダブルキャストでチャーリイを演じている。7月22日、多田らが出演するアクアチームの初日を東京・サンシャイン劇場で観た。

キャラメルボックス『アルジャーノンに花束を』チケット情報

パン屋で働く32歳のチャーリイ・ゴードン(多田直人)は、賢くなりたいと心から願いながら知的障害成人センターに通って勉強に励んでいた。そんなチャーリイを見守る教師のアリス・キニアン(渡邊安理)は、ビークマン大学の研究室が行う人工知能の手術を勧める。研究室で、先に手術を施され複雑な迷路をクリアするハツカネズミのアルジャーノンに出会い驚くチャーリイ。ついにニーマー教授(大内厚雄)らによる手術を受け、日に日に自分の知能が高まっていくことに喜ぶチャーリイだったが、それはこれまで理解できなかった家族や同僚たちの行動の意味に気づくことでもあった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.