くらし情報『シナトラの孫も絶賛! 『カム・フライ・アウェイ』がついに日本上陸』

2012年7月25日 13:00

シナトラの孫も絶賛! 『カム・フライ・アウェイ』がついに日本上陸

シナトラの孫も絶賛! 『カム・フライ・アウェイ』がついに日本上陸
全編にフランク・シナトラの歌を配したブロードウェイ・ミュージカル『カム・フライ・アウェイ』の来日公演が7月24日に東京・オーチャードホールにて開幕、初日の会場にはジャズシンガーの綾戸智恵、エッセイストの安藤和津、作曲家のキダ・タロー、フランク・シナトラの孫であるマイケル・シナトラさん、音楽評論家の湯川れい子ら著名人も多く訪れた。

『カム・フライ・アウェイ』公演情報

とあるナイトクラブに集う男女のラブゲームが、情熱と、色気と、時に笑いを交えて描かれる。演じているのが俳優ではなく、バレエの高度なテクニックを有する14人のダンサーというのが、この舞台の最大の特色だろう。セリフを使わず、すべてを体の動きで表現してみせる趣向に、巨匠振付家トワイラ・サープのセンスが冴える。『マイ・ウェイ』『ニューヨーク・ニューヨーク』といった代表曲から未発表音源まで、使用される楽曲は30曲以上。デジタル加工で取り出されたシナトラの歌声と、ビッグバンドの生演奏によるセッションが、ライブ感たっぷりにドラマを盛り上げる。

公演の感想を求めらると、湯川は「アメリカ国外でこんなファーストクラスのレベルが観られるなんて思わなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.