くらし情報『いざ決勝ラウンドへ。侍ジャパンのアドバンテージは本気度!?』

2013年3月15日 20:08

いざ決勝ラウンドへ。侍ジャパンのアドバンテージは本気度!?

いざ決勝ラウンドへ。侍ジャパンのアドバンテージは本気度!?
1次ラウンドまでのドタバタが嘘のように、2次ラウンド1位で決勝ラウンドに臨むジャパン。アメリカでも好調を維持し、昨年のワールドシリーズ王者サンフランシスコ・ジャイアンツに練習試合で勝利。ここで2次ラウンドの日本の戦いぶりを振り返ってみたい。

「投高打低」が続いたが、2次ラウンド・オランダ戦で6本塁打16点を叩き出すと、次のオランダ戦でも10得点をマークした。不振に喘いでいた阿部慎之助が1イニング2ホーマーの離れ業を演じるなど、チーム最多タイの7打点、打率.316と上げ潮状態に入った。主将が打てばチームも盛り上がる。チーム打率も.294まで上げてきた。

ただ、中継ぎ陣を心配する向きもある。2次ラウンド最後の試合では、森福允彦が2失点、山口鉄也3失点と左のセットアッパーが打ち込まれたが、過度な心配はいらない。経験豊富な左腕はキッチリ修正してくるだろう。もし、調子が上がらなければ、他の投手に託すだけだ。

もうひとつ、山本浩二監督が常々口にしていた「調子のいい者を使っていく」が決勝ラウンドで実践されるかが気になる。準決勝の相手がドミニカになるか、アメリカになるか、プエルトリコになるかはさておき、残り2試合しかない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.