くらし情報『生誕200周年の“オペラの巨人”ワーグナーとヴェルディを1日で堪能!東京春祭マラソン・コンサート』

2013年3月15日 23:20

生誕200周年の“オペラの巨人”ワーグナーとヴェルディを1日で堪能!東京春祭マラソン・コンサート

生誕200周年の“オペラの巨人”ワーグナーとヴェルディを1日で堪能!東京春祭マラソン・コンサート
3月15日に開幕を迎えた上野の春のクラシック音楽祭「東京・春・音楽祭」。3月23日(金)に行われる毎年恒例のマラソン・コンサートでは、生誕200周年を迎えた“オペラ史の巨人”ワーグナーとヴェルディにスポットを当てる。

「東京春祭マラソン・コンサート vol.3 ワーグナーとヴェルディ~生誕200年に寄せて」の公演情報

毎回全5部構成で、特定のテーマに基づくプログラムを複数の演奏家がリレー形式で贈る「東京春祭マラソン・コンサート」。2011年の第1回は没後100年のマーラーを軸にした「ウィーン、わが夢の街~マーラーが生きた世紀末ウィーン」、2012年の第2回は生誕200年のドビュッシーを軸にした「ドビュッシーとその時代~生誕150年に寄せて―芸術都市・パリに生きたアーティストたち」というテーマで開催。特定の作曲家の音楽性や魅力を深く掘り下げ、演奏機会の少ない作品も多数取り上げるなど、熟考されたプログラム構成で毎回好評を博している。

今年の音楽祭では、生誕200周年のワーグナー、ヴェルディの作品と、ワーグナーに影響を受けた作曲家の作品を交えるプログラム。第1部はワーグナー作品の編曲集アルバムが話題となったヴァイオリニスト・佐藤久成によるワーグナー・プログラム、第2部はリスト編曲によるワーグナー、ヴェルディのピアノ曲、第3部はワーグナーに影響を受けた作曲家、第4部はヴェルディ唯一の室内楽曲と若き日の歌曲、第5部はワーグナーの死に際してリストが作曲した作品などが披露される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.