くらし情報『今季ノーゴールでも脅威を与える両FW』

2013年4月4日 15:50

今季ノーゴールでも脅威を与える両FW

今季ノーゴールでも脅威を与える両FW
3勝1分の2位・浦和レッズが、2分2敗と12位に甘んじるジュビロ磐田をホームで迎え撃つ一戦は両FWが勝敗の鍵を握る。「FWが勝敗を左右するのは当たり前すぎる」と思うのは早計である。浦和の興梠慎三も、磐田の前田遼一も自らが得点しなくても勝利に貢献できるのだ。

浦和レッズ対ジュビロ磐田 J1リーグ戦 チケット情報

鹿島アントラーズから加入した興梠は、すでに何年間も浦和のユニフォームを着ているかのようなコンビネーションを披露している。前線でボールをキープし2シャドーの柏木陽介原口元気の飛び出しを待つこともできるし、ワンタッチでラストパスを送ることもできる。もちろん、動き出しの良さを活かして自らシュートも放つ。2節で完敗を喫した名古屋グランパスのストイコビッチ監督は「とてもインテリジェンスのある選手。フィジカルは強くないが、コンピュータのようにしっかりと走るべきところがわかっている」と、興梠を絶賛した。リーグ戦、『ACL』を通していまだゴールを奪えていない背番号30だが、その「サッカーIQ」の高さでチームの勝利に貢献している。

2009・2010年得点王の前田も、光るポストプレーを見せる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.