くらし情報『豪華キャストの濃密な3人芝居をいのうえひでのりが演出』

2013年4月5日 17:15

豪華キャストの濃密な3人芝居をいのうえひでのりが演出

豪華キャストの濃密な3人芝居をいのうえひでのりが演出
青山円形劇場の濃密な空間で、堤真一麻生久美子田中哲司の豪華キャストが繰り広げるSFチックな3人芝居「断色~danjiki~」が6月に開幕。演出を手掛けるいのうえひでのりに話を聞いた。

本作はもともと、「斷食(だんじき)」のタイトルで2011年に誕生。俳優の村木仁池谷のぶえ市川しんぺーのユニット“おにぎり”の旗揚げ公演として青木豪が書き下ろし、いのうえの演出で上演された。今回はタイトルのみならず、「マザー・コンプレックスの話にリライトを」というプロデューサーの意向を受け、母子の関係性をより際立たせたものへとテーマが移行。再演というよりは“リニューアル”の名がふさわしい上演となる。

「前回は太った人たちが断食道場に行くという話で、俳優たちの体型ありきみたいなところがあったけど、今回その大前提がすっかり変わって、いい男といい女の話に(笑)。とはいえ、構成が大胆に変わっているわけではなくキーになる大事な台詞も残っていたりするので、作品のテイスト自体はそんなに変わらないと思います。前回、小さい規模の劇場でやったのが僕自身10年ぶりぐらいで、自分の中では、ちょっとガチガチに演出しすぎたなっていう反省点がある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.