くらし情報『終戦から取り残された樹上の日本兵が見たものは? 藤原竜也主演『木の上の軍隊』が公演中』

2013年4月12日 17:49

終戦から取り残された樹上の日本兵が見たものは? 藤原竜也主演『木の上の軍隊』が公演中

終戦から取り残された樹上の日本兵が見たものは? 藤原竜也主演『木の上の軍隊』が公演中
藤原竜也主演の『木の上の軍隊』が、東京・シアターコクーンで公演中だ。本作は劇作家・井上ひさしが生前書こうと試み、3年前に上演が予定されていたものの、井上の急逝により幻となった、まさに彼の遺作ともいえる作品。今回、井上の原案をもとに蓬莱竜太が戯曲を書き下ろし、井上が信頼を寄せた栗山民也が演出を務めることで、ついに上演が実現した。井上ひさし版にも主演予定だった藤原にとっては3年越しでの挑戦となる。出演は、藤原のほか、山西惇片平なぎさ。片平の舞台出演は11年ぶり。

舞台『木の上の軍隊』チケット情報

劇場に入ると『木の上の軍隊』というタイトルの通り、舞台中央にそびえる大きな木に目を奪われる。本作は、終戦を知らずに2年もの間、沖縄県・伊江島のガジュマルの木の上で生活したという日本兵ふたりの実話に基づく物語なのだ。木の上で敵軍を見張りながら、待てども来ない援軍を待ち続ける上官(山西)と新兵(藤原)の様子を、片平が“語る女”として第三者的な立場から語っていく。3人芝居という少人数の上、ほぼ出ずっぱりという構成であり、何よりも3人の演技力を存分に堪能できる点が見どころだろう。木の上では大きな動作が制限されるため、特に会話の演技が際立って感じられる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.