くらし情報『蜷川幸雄作品常連の小出恵介、「『盲導犬』との出会いは宝」』

2013年4月22日 15:10

蜷川幸雄作品常連の小出恵介、「『盲導犬』との出会いは宝」

蜷川幸雄作品常連の小出恵介、「『盲導犬』との出会いは宝」
かつて蜷川幸雄が旗揚げした劇団、櫻社。1973年、その櫻社のために唐十郎が書き下ろした作品『盲導犬』が7月、Bunkamuraシアターコクーンで上演される。今作は蜷川幸雄が初めて手掛けた唐戯曲でもある。新宿の街を舞台に、古田新太演じる盲目の男・影破里夫(エイハリオ)がファキイルと呼ばれる伝説の“不服従の盲導犬”を探し歩く。かつての恋人の思い出が封印されたコインロッカーを開けようとする女に扮するのは宮沢りえ。破里夫とともにファキイルを探すフーテン少年役の小出恵介に、今作への意気込みを語ってもらった。

『盲導犬-澁澤龍彦「犬狼都市」より-』チケット情報

2008年『から騒ぎ』で蜷川作品に出演して以降、舞台役者としての活躍目覚ましい小出。「昨年、『下谷万年町物語』の稽古場を観に行ったのが唐さんの作品との出会いです。稽古場も、そして本番でも、宮沢さん、藤原竜也くんや西島隆弘くんが本当にイキイキしていて、『僕もこの世界に飛び込んでみたい!』と思いました」と話す小出。「特徴ある言葉、なにかに飢えて、欠乏している感じ。僕自身、そういうものとは遠いようでいて、一抹の憧れがあるんです」と唐作品の魅力を語る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.