くらし情報『スキマスイッチ、全都道府県を巡るツアーの模様をレポート』

2013年4月25日 11:50

スキマスイッチ、全都道府県を巡るツアーの模様をレポート

スキマスイッチ、全都道府県を巡るツアーの模様をレポート
渋谷公会堂にて、スキマスイッチの“DOUBLES ALL JAPAN”ツアー東京公演が行われた。このツアーは昨年10月からスタートし、全都道府県51公演に及ぶグループ史上最長のもので、この公演が行われた3月27日はちょうど50本目。まさに脂の乗り切った、完成度の高いライヴとなった。

“DOUBLES”とは、ピアノ、ギター、キーボード、ドラム、サンプラー、パーカッション類など、すべて2人だけで演奏する形式のことで、ステージ上には様々な楽器がずらりと並ぶ。その場でリズムを打ち込みながらグルーヴを作り上げていく『アイスクリーム シンドローム』を皮切りに、大橋卓弥が叩く生ドラムを即座にサンプリングしてエレキギターと組み合わせる『ガラナ』、大橋と常田真太郎が2台のピアノを演奏する『藍』など、アレンジのアイディアは実に豊富だ。心地よい緊張感と親しみやすさが交錯する独特の雰囲気が、“DOUBLES”スタイルの特長である。

中盤で披露された新曲『トラベラーズ・ハイ』は、このツアーのテーマソングとして書き下ろされたもの。ちょっとした趣向がこらされており、会場はなごやかな一体感に包まれる。一体感といえば『晴ときどき曇』での観客全員のコーラスも素晴らしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.