くらし情報『宮本亜門が孤高の芸術家イサム・ノグチに迫る最終章、上演決定』

2013年6月18日 18:56

宮本亜門が孤高の芸術家イサム・ノグチに迫る最終章、上演決定

宮本亜門が孤高の芸術家イサム・ノグチに迫る最終章、上演決定
芸術家イサム・ノグチの生涯をモチーフに、宮本亜門が原案・演出を手がけ、窪塚洋介が主演する舞台『iSAMU~20世紀を生きた芸術家イサム・ノグチをめぐる3つの物語~』がこの夏、上演される。日本人の父とアメリカ人の母を持ち、さまざまな葛藤を抱えながら時代の荒波を生き抜いた彫刻家イサム・ノグチ。宮本が彼の怒涛の人生に惹きつけられ、舞台作りに向けて探究を始めたのは3年前のことだ。彼に関わった人々へのインタビューを重ねて人間イサム・ノグチの息吹を拾い集め、一昨年に公開リーディング公演を行い、今年1月にはプレ公演を実施。試行錯誤を経て、いよいよ『iSAMU』完全版を迎えることになった。「彼の魂に近づくためには、一歩ずつ段階を踏まなければいけなかった」と語る宮本に、本公演にかける思いを聞いた。

舞台『iSAMU』チケット情報

「ふたつの国の狭間に生まれた苦悩や戦時中の体験など、調べれば調べるほど生半可な人生じゃない。孤独の限界まで自分をおとしめながら、あらゆる人に感動や喜びを与えようとモノを作り続けてきた人です。ただ僕は、偉人を描きたいわけではない。彼も些細なことで悩み、ある時は身勝手を言い、必死に生きた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.