くらし情報『初演から半世紀を経てなお迫りくる、別役実の衝撃作『象』上演』

2013年6月26日 16:40

初演から半世紀を経てなお迫りくる、別役実の衝撃作『象』上演

初演から半世紀を経てなお迫りくる、別役実の衝撃作『象』上演
別役実の初期の代表作とされる舞台『象』が7月、新国立劇場小劇場に再び登場する。初演は1962年、別役が25歳の時に発表した衝撃作だ。新国立劇場では2010年3月に、関西で活躍する劇団桃園会の主宰・深津篤史の演出で本作を上演。同劇場において岸田國士作『動員挿話』や三島由紀夫作『近代能楽集?弱法師?』のほか、昨年はハロルド・ピンター作『温室』の演出を手がけて高い評価を得た深津が、3年ぶりに『象』の再構築に挑む。その稽古場を訪れた。

新国立劇場演劇『象』

稽古場には、奥行きを贅沢にとった四方舞台が空間いっぱいに設置されていた。舞台面には色とりどりの古着が積み重なって敷き詰められ、病院の簡素なパイプベッドと丸椅子があたかもそこに流れ着いたかのように置かれている。深津の穏やかな合図で通し稽古が始まった。こうもり傘をさした男(木村了)が現れ、彼が“叔父さん”と呼ぶ病人を見舞う。ベッドに横たわる病人(大杉漣)は原爆症患者で、かつて背中に負ったケロイドを見せ物にして、人々から拍手喝采を受けていた。病状が悪化した今も、病人は再び人前に出て喝采を浴びることを熱望する。自らも被爆している男は、「ひっそりと我慢しなくては」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.