くらし情報『三谷幸喜が劇作家としての原点であるニール・サイモン作品に初挑戦』

2013年10月8日 17:10

三谷幸喜が劇作家としての原点であるニール・サイモン作品に初挑戦

三谷幸喜が劇作家としての原点であるニール・サイモン作品に初挑戦
三谷幸喜が初めてニール・サイモン作品に挑む『ロスト・イン・ヨンカーズ』が、10月5日、東京・PARCO劇場で開幕した。本作は1991年に初演され、ピューリッツアー賞にも輝いた名作中の名作である。

「ロスト・イン・ヨンカーズ」チケット情報

1942年、ニューヨーク州ヨンカーズにあるカーニッツ家。出稼ぎに出る間、息子のジェイとアーティを母親のもとに預けに来たエディ。厳格な母は受け入れようとしないが、エディの妹で、少々おつむの足りないベラに懇願され、渋々ふたりを家に置くことを了承する。それから父親が帰るまでの約1年間、絶対的祖母との共同生活が始まったジェイとアーティ。そこにエディとベラの兄弟のルイやガートも現れて…。

ニール・サイモン作品に出合い、劇作家の道を歩み出した三谷幸喜。三谷自身、「今の僕があるのはニール・サイモンのおかげ」と断言するほど。そんな三谷が、初のニール・サイモン作品を演出するに当たり選び出したのが本作。ふたりの兄弟ジェイとアーティの視点から描かれる家族もので、その中心には常に、決して泣かない冷徹なミセス・カーニッツがいる。それは一見すると、息苦しくも感じられるかもしれない。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.