くらし情報『映画化もされたファンタジーの傑作舞台に子役・谷花音と吉田栄作が出演』

2013年10月31日 17:35

映画化もされたファンタジーの傑作舞台に子役・谷花音と吉田栄作が出演

映画化もされたファンタジーの傑作舞台に子役・谷花音と吉田栄作が出演
後藤ひろひと作、G2演出による『「Paco~パコと魔法の絵本from「ガマ王子 vsザリガニ魔人」』が2014年2月シアタークリエ、3月全国各地で上演される。『人間風車』『ダブリンの鐘つきカビ人間』などを送り出した作・後藤ひろひと・演出・G2コンビによって04年、08年と上演(タイトルは『MIDSUMMER CAROL~ガマ王子とザリガニ魔人~』)、08年に中島哲也監督によって『パコと魔法の絵本』のタイトルで映画化された作品。爆笑を呼ぶ場面をちりばめながら、最後には豊かな感動が広がる傑作ファンタジーだ。今回は初演から一貫して同じ役で出演する山内圭哉以外はキャストを一新しての上演となる。

『Paco~パコと魔法の絵本~ from「ガマ王子vsザリガニ魔人」』チケット情報

頑固で偏屈な老人、大貫(西岡徳馬)は入院している病院の嫌われ者。出会った不思議な少女パコにも冷たく当たるが、パコのある秘密を知ることになる。パコを演じるのは、舞台初出演の谷花音(同役ダブルキャストにキッド咲麗花)。シアタークリエでの最年少主演(9歳)となる。

「パコは元気な女の子だけど、ちょっと寂しいというか、可哀想だなと思うところもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.