くらし情報『槇原敬之が新曲を書き下ろす、注目のミュージカル』

2013年12月3日 15:23

槇原敬之が新曲を書き下ろす、注目のミュージカル

槇原敬之が新曲を書き下ろす、注目のミュージカル
2014年1月に上演されるミュージカル『愛の唄を歌おう』の製作発表が12月1日、都内で行われ、鈴木おさむ宮本亜門槇原敬之山口智充北山宏光(Kis‐My‐Ft2)、渡部豪太川畑要(CHEMISTRY)、高田翔ジャニーズJr.)、柄本時生前川紘毅、施鐘泰(JONTE)、大口兼悟エハラマサヒロROLLYKONISHIKI橋本じゅんが会見に顔を揃えた。

脚本を鈴木おさむ、演出を宮本亜門が手がけ、槇原敬之の名曲で全編を構成する注目作。槇原はテーマ曲として新曲も書き下ろす。舞台の主人公は志半ばにして亡くなった熱血高校教師。自分の正体を明かさないことを条件に、期限付きで地上に戻ることを許された彼は、生前果たせなかった夢を実現させるため奔走するが……。

鈴木は「せっかく槇原さんが音楽を作ってくれるのですから、物語の中で歌が出来ていって、それが最後に歌われるという物語にならないかなと考えています。槇原さんにはすごく素敵な歌を作っていただきましたし、稽古はとにかくハッピーハッピーな感じでやっているということで、出来上がりがすごく楽しみ」と期待を寄せ、「愛なんて普段口にすることはないと思うが、愛というものを、真剣に、そして楽しく、ほろ苦く、切なく描き出すことができたら」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.