くらし情報『アジアの鼓動が響く!予測不能のステージが東京へ』

2013年12月6日 21:16

アジアの鼓動が響く!予測不能のステージが東京へ

アジアの鼓動が響く!予測不能のステージが東京へ
日・ASEAN友好協力40周年を記念し、国際交流基金が企画したコンサートツアー「Drums&Voices」。ベトナム、カンボジア、ミャンマー、タイ、ラオス、 ブルネイ、日本の7か国から12人の伝統音楽演奏家が参加。10月より始まったASEANツアーを経て、12月18日(水)に東京・渋谷のBunkamuraオーチャーホールでフィナーレ公演を開催する。

日・ASEAN友好協力40周年記念公演「Drums&Voices」の公演情報

音楽監督に数々の映画・アニメ・テレビ音楽の作・編曲で名高い作曲家の大島ミチルを迎え、本公演の楽曲作りのために、出演者全員による合計4週間に及ぶワークショップを実施。各国の伝統音楽をベースにしながら、思わず踊りだしたくなる曲、テクニカルプレイの競演、大島作曲のメロディ、ポップスと、バラエティに富んだ15曲が完成した。「出てくる音が新鮮で、こういことが出来るのか、と衝撃でした」と音楽監督の大島ミチルも語る。

10月17日のベトナム公演より始まったASEANツアー。個性あふれるアーティストたちのぶつかり合いによって生まれるパフォーマンス。見たこともない楽器同士の競演、聴いたこともない新しい響き。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.