くらし情報『新婚のMATSUが主演舞台にかこつけ、おのろけ』

2014年1月29日 18:00

新婚のMATSUが主演舞台にかこつけ、おのろけ

新婚のMATSUが主演舞台にかこつけ、おのろけ
3月に東京・赤坂ACTシアターで上演する劇団EXILE『歌姫』の製作発表が1月28日、都内で行われ、ゼネラルプロデューサーのEXILE HIRO、演出の成田岳、脚本の宅間孝行、そして松本利夫(MATSU from EXILE)、谷村美月、KENCHIらキャスト陣が顔を揃えた。

劇団EXILE『歌姫』チケット情報

昭和30年代の土佐清水が舞台。映画館オリオン座の一家を中心に、漁師町に暮らす人々を描く純愛人情ドラマだ。宅間が主宰を務めた劇団東京セレソンデラックスで2004年に初演、2007年にはTVドラマ化もされギャラクシー賞に輝いている。

松本は戦後の記憶をなくした映写技師・四万十太郎を演じる。「名作をやらせていただくということで、気合が入っている。プレッシャーに負けずにいい作品にできたら」と意気込む。四万十太郎役はオリジナルの舞台では、宅間自身が演じている。会見で宅間が「こうして大きな舞台で上演されるのはうれしいが、MATSUさんのほうがよかったと言われるとちょっとくやしいな」と冗談交じりにコメントしたことについて松本は「比べるなんてとんでもない。元の役に近づけるというより、劇団の新たな表現として演じさせてもらえれば」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.