くらし情報『三谷幸喜、念願の再演。舞台『国民の映画』開幕』

2014年2月10日 19:50

三谷幸喜、念願の再演。舞台『国民の映画』開幕

三谷幸喜、念願の再演。舞台『国民の映画』開幕
2011年に初演、読売演劇大賞をはじめ、数々の賞に輝いた三谷幸喜作・演出の舞台『国民の映画』が2月8日、東京・PARCO劇場で開幕。前日の7日には公開稽古が行われ、三谷をはじめ主演の小日向文世段田安則渡辺徹吉田羊シルビア・グラブ新妻聖子今井朋彦小林隆平岳大秋元才加小林勝也風間杜夫ら出演陣が会見を開いた。

舞台『国民の映画』チケット情報

1940年代のドイツ・ベルリンを舞台に、宣伝大臣ゲッベルスと映画人たちとの間で繰り広げられる人間ドラマを描く作品。三谷は「初演のときは3日目に3.11が起こり、来たくても来れない人がいる中、ひとりでもお客さんが来るならと、余震が続く中公演を続行。僕にとって思い出深い作品となりました。いろんな想いのこもった作品なので、初演をやっていたときから、早い時期にきちんとした状態で皆さんに見て頂きたいと思っていた」と再演の喜びを語った。

ゲッベルズを演じる小日向は「初演は本当に大変でした。地に足がつかない状態で毎日演じていたように思います。ようやく千秋楽がきて「やっと解放される」と思った矢先に再演の話を聞いてゾッとしたのを覚えています(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.