くらし情報『百恵さんも祝福。三浦祐太朗が宇崎竜童の舞台に出演』

2014年2月21日 20:48

百恵さんも祝福。三浦祐太朗が宇崎竜童の舞台に出演

百恵さんも祝福。三浦祐太朗が宇崎竜童の舞台に出演
近松門左衛門の名作とフラメンコを融合させた舞台『FLAMENCO 曽根崎心中』の公開稽古が2月20日、都内で行われ、音楽監督を務める宇崎竜童、演出・振付・主演の佐藤浩希、出演者の三浦祐太朗が取材に応じた。

『FLAMENCO 曽根崎心中』チケット情報

遊女・お初と醤油屋の手代・徳兵衛の悲劇の愛の物語を、プロデューサーも務める阿木燿子が作詞、宇崎竜童作曲の音楽で描く舞台。お初と徳兵衛をそれぞれふたりの踊り手と歌い手で表現し、徳兵衛役をフラメンコダンサー佐藤浩希とシンガーソングライター三浦祐太朗が務める。

舞台の初演は2001年。東京公演は8年ぶりという。「キャストが変わったので、新しく曲を作り変え、“させられました”」と笑った宇崎。初演から歌い手はフラメンコ歌手だったが、「今回は三浦祐太朗さんが入ったので、彼の声にあわせて」作り直したという。演出の佐藤は「阿木さんから『三浦祐太朗さんというすばらしい歌手がいる』と言われて聞いたら『この人しかいない』と思った。繊細で憂いがあって徳兵衛にぴったりだった」と話す。三浦は阿木がお忍びで自分のライブを見に来て、翌日オファーがあったと明かし「実際歌を聞いていただいてから、お話をいただいたことは、歌い手としてすごくうれしかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.