くらし情報『春の上野で7人のピアニストを聴く』

2014年3月13日 19:04

春の上野で7人のピアニストを聴く

春の上野で7人のピアニストを聴く
3月中旬から4月にかけて上野界隈のコンサートホールや文化施設ほかで行われる「東京・春・音楽祭 -東京のオペラの森-」。開催10周年の今回は、ピアニストたちによる豪華な競演も見逃せない。

「東京・春・音楽祭 -東京のオペラの森2014-」の公演情報

まず、音楽祭の開幕翌日3月15日(土)に登場するのは、ドイツ・ピアノ界最後の巨匠ゲルハルト・オピッツ。師である伝説的ピアニスト、ヴィルヘルム・ケンプからドイツの伝統を継承した彼が、ベートーヴェンの後期3大ソナタを披露。ドイツ・ピアニズムの真髄に迫る名演に期待だ。

朝の優雅なひとときを提供する「《午前11時》の音楽会」には、小倉貴久子が登場し、「ピアノの歴史探訪」と題したレクチャーコンサートを開催。「トルコ行進曲」「テンペスト」のインスピレーションの源となったワルター。ショパンが愛したプレイエル。現代のスタインウェイ。古今の3つの名器を聴き比べる贅沢なひとときとなる。

“文化の街”上野ならではの人気企画。美術館や博物館で上質の演奏が堪能できるミュージアム・コンサートでもピアニストのシリーズを実施。東京都美術館を舞台に「ピアノ音楽紀行」と題し、5人のピアニストが登場し、世界各地の音楽をピアノで綴る“音楽の旅”へと誘う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.