くらし情報『家族愛が心にしみるミュージカル『サ・ビ・タ』』

2014年3月25日 16:50

家族愛が心にしみるミュージカル『サ・ビ・タ』

家族愛が心にしみるミュージカル『サ・ビ・タ』
韓国発、日本でも4度目の公演となるミュージカル『サ・ビ・タ ~雨が運んだ愛~』が東京・青山円形劇場で上演中だ。出演者は3人のみ。今回は全日程出演する駒田一を軸に、戸松遥佐々木喜英が出演する<TEAM H>、八坂沙織矢崎広が出演する<TEAM Y>と、初のWキャスト制で上演されている。ともに初参加となる八坂・矢崎の<TEAM Y>を観劇したレポートをお届けする。

サ・ビ・タ ~雨が運んだ愛~チケット情報

作品は1995年に韓国にて誕生、韓国オリジナルミュージカルとしては最長ロングランを誇る人気作。ある雨の晩、兄ドンウクがひとり暮らす家に、7年ぶりに弟ドンヒョンが帰ってきた。大学を放り出し音信不通になった弟と久々に接し、どうしていいかわからない兄。気まずい空気が流れる中、奇抜な服装の女の子ユ・ミリ(八坂)が乱入してきた。結婚カップルを歌と踊りで盛り上げるのが仕事の彼女が部屋を間違えたのだ…。

まずは若手ふたりが全力で作品にぶつかっているのが爽やかだ。矢崎はワイルドさの中にも、弟らしい人懐っこさも見せ、魅力的なドンヒョンを作り上げた。セリフ回しも上手く、客席を巻き込むアドリブも堂に入っており、さらにピアノ演奏も危なげない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.