くらし情報『柳楽優弥ら新キャストによる『金閣寺』稽古場に潜入!』

2014年3月28日 16:20

柳楽優弥ら新キャストによる『金閣寺』稽古場に潜入!

柳楽優弥ら新キャストによる『金閣寺』稽古場に潜入!
三島由紀夫の小説を宮本亜門演出により舞台化した『金閣寺』。2011年にKAAT神奈川芸術劇場の記念すべきこけら落とし公演として上演され、同年のNY公演でも絶大な支持を受けた作品だ。今回は生来の吃音から疎外感を抱いて育つ主人公・溝口役に柳楽優弥、彼をめぐるふたりの友人を水橋研二水田航生、溝口の初恋の女性と女師匠の二役に市川由衣と、主要キャストを一新。初日まで2週間余りとなった3月下旬、都内某所の稽古場を訪れた。

金閣寺チケット情報

大きな三つのテーブルをつなげて斜めに区切った空間は、溝口たちが通う大学の校庭。昼休みで学生がひしめく中を柏木(水橋)が不自由な足を引きずって現れて弁当を喰らうところへ、溝口が初めて声をかけるシーンだ。坊主頭の柳楽は背筋がピンと伸び、寺男らしい無駄のない立ち居振る舞い。役づくりのために寺で修行した経験が活きているようだ。柏木を見つめる瞳の力強さに、〝気になって仕方がない〟という心情を滲ませる。一方水橋は強い口調で柏木の不敵さを表現するが、宮本が求めるイメージと合致しない。

「溝口に声をかけられてどう思ってる?」「どんな気持ちで校庭に出てくる?」と柏木としての感情を問いかけ、ときには自ら動いてみせて、ヒントを次々と示す宮本。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.