くらし情報『浦和×FC東京は、守護神が勝敗を左右する』

2014年5月1日 16:50

浦和×FC東京は、守護神が勝敗を左右する

浦和×FC東京は、守護神が勝敗を左右する
5月3日(土・祝)に埼玉スタジアム2002でキックオフを控える浦和レッズ×FC東京では、ゴールマウスを守るふたりの守護神に刮目したい。西川周作権田修一、日本代表にも名を連ねるJリーグを代表するふたりのGKが勝敗を左右する。

サンフレッチェ広島から浦和へやって来た西川は、その存在感を発揮している。至近距離からのシュートに抜群の反応を見せ、チームを救ってきたのは数知れず。前節・横浜F・マリノス戦でもピンチを未然に防ぎ、1-0の勝利に貢献した。試合後、ペトロヴィッチ監督は「フリーキックに対し、西川が飛び出し、相手のチャンスの芽を摘んだ。西川はチームに安定感と安心感をもたらしてくれた」と称えた。

守備だけではない。背番号21は攻撃でもチームに貢献する。キックの精度はすこぶる高い。高精度のパントキックやゴールキックを李忠成、興梠慎三、原口元気ら前線へ放ち、一気にカウンターを実現する。相手がタイトな守備陣形を保てばDFにボールを預け最終ラインから組み立て、わずかなスペースを見つければピンポイントの“パス”を放つ。浦和は西川の加入で新たな攻撃のオプションを手に入れた。

西川より3歳年下の25歳・権田も、F東京の安定した守備を担っている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.