くらし情報『白井晃の『テンペスト』ダンボールの山が嵐を起こす』

2014年5月7日 13:15

白井晃の『テンペスト』ダンボールの山が嵐を起こす

白井晃の『テンペスト』ダンボールの山が嵐を起こす
シェイクスピアが単独で発表した最後の戯曲とされる『テンペスト』が白井晃の演出で5月15日(木)から新国立劇場にて上演される。白井版の“絶海の孤島”はどのような表情を見せるのか?4月下旬、稽古場を訪れた。

舞台『テンペスト』チケット情報

元ミラノ大公であり、弟の策略で娘と共に海へと流され、孤島へとたどり着いたプロスペロー。12年を経て、魔術を使い、かつて自分を陥れた者たちを島に呼び寄せ復讐を果たそうとするが…。

稽古場に足を踏み入れてまず目を奪われるのが、運送屋の倉庫と見紛うような膨大な数のダンボール箱。ワゴンの上に積み上げられ複数の“島”となっており、場面によって、まるで生きているかのようにこの島が動き出す。

この日の稽古は第1幕冒頭から行われたが、プロスペローの魔術で、仇である弟のアントーニオ、ナポリ王のアロンゾー、その弟のセバスチャンを乗せた船が難破。ダンボールの山が船となり、波風に揺らされ、飲みこまれていくさまは、まるでハリウッド映画のようなダイナミズムにあふれておりオープニングから圧巻!

白井は本作を「世界一小さな『テンペスト』」と表現。「直感的に浮かんだのは、小さな病室で死を迎えようとするプロスペローのベッドをみんなが囲んで『お前はあのとき…』とか言っている姿。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.