くらし情報『谷賢一が新演出で挑む『プルーフ/証明』が開幕』

2014年5月30日 18:55

谷賢一が新演出で挑む『プルーフ/証明』が開幕

谷賢一が新演出で挑む『プルーフ/証明』が開幕
谷賢一が翻訳・演出を手がけた舞台『プルーフ/証明』が5月28日、東京・サンモールスタジオで開幕した。

『プルーフ/証明』 チケット情報

アメリカ現代劇の最高傑作のひとつと言われる本作は、2000年にオフ・ブロードウェイで初演され、トニー賞をはじめとする数々の演劇賞に輝き、2005年には映画化もされた。天才数学者である父を亡くしたふたりの娘と、研究を引き継ごうとする青年が、遺品のノートに書かれた世紀の“証明”を発見するが…。

『プルーフ/証明』は谷にとって翻訳家デビュー作であり、演出は今回で3度目。新演出となる舞台について、初日を終えた手応えをこう語った。

「幕が開けて、ほっとした。と同時に、また肩こり。お客さんの反応は上々。それは、喜ばしいことだ。しかし、本番中の演出家は、小姑のようなもので、良かった良かったと喜ぶことは仕事ではない。僕は“重箱の隅をつつく”と言っているが、ほんの小さなエラーを逐一メモにとって、翌日、俳優をチクチク刺す。『プルーフ/証明』はエモーショナルな作品だが、同時にとても緻密な積み重ねでしか作れない側面もある。だから演出家は、俳優が手放しで板に乗れるよう、目についたミスや小さな芝居の掛け違えを拾っていって、チクチク修正する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.