くらし情報『三谷幸喜が夏を席巻!? 三作品一挙上演』

2014年6月13日 20:20

三谷幸喜が夏を席巻!? 三作品一挙上演

三谷幸喜が夏を席巻!? 三作品一挙上演
この夏、三谷幸喜が作・演出を手がける三作品が一挙に上演される。舞台『君となら』とパルコ・ミュージック・ステージ『ショーガール』、さらに三谷文楽『其礼成心中』だ。それぞれの作風は大きく異なるが、いずれも核となるのは三谷独自のコメディセンス。同時期上演を前に、三谷は「喜劇作家である自分の原点を振り返って、そこからさらに先へ進む。今年はそんな年にしたい」と意欲を語った。

三谷幸喜の舞台 公演情報

1995年初演の『君となら』は当時、“3分に1回笑える”と評されて大ヒットした抱腹絶倒の家族劇だ。1997年以来の再演となる今回は、初舞台の竹内結子を主演に迎え、初めて三谷自らが演出を担う。「勢いのあるコメディです。今の僕が書いたら、全然違うものになるはず。ある意味、ニール・サイモンやチェーホフをやるのと同じ気持ちで、19年前の三谷幸喜という作家が書いた作品を演出するという感覚ですね。あえて当時のままの台本でやることで、また新たに見えてくるものがあるんじゃないかと。とてもお客様に愛された作品で、しかも今回は竹内さんが主演ということで、普段お芝居を観ない人も劇場に来てくださるのではと期待しています」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.