くらし情報『鉄壁の浦和、鹿島相手に新記録更新なるか!?』

2014年7月24日 18:05

鉄壁の浦和、鹿島相手に新記録更新なるか!?

鉄壁の浦和、鹿島相手に新記録更新なるか!?
J1リーグ戦再開後、対照的なリスタートを切った両軍が激突する。浦和レッズと鹿島アントラーズだ。

浦和は7試合連続無失点のJ1新記録をマークするとともに、4連勝で首位をがっちりキープする。2位・サガン鳥栖に勝ち点4差をつけ、首位固めの態勢に入っている。

今季の浦和に昨季までのような脆さはない。昨季はリーグ最多の66得点を挙げながら、失点56で勝ち点を逃し、6位に甘んじた。今季は16試合戦い、リーグ唯一のひとケタ失点の9失点と磐石の守備を誇る。強固な守備を支えるのが、最後尾に控える西川周作だ。

ハイボールや至近距離からのシュートへの反応はもちろん、西川は卓越した足元の技術で攻守に貢献する。最終ラインが高い位置をキープできるのも、ドイツ代表ノイアーよろしく、ペナルティエリアを飛び出し、相手の反撃の芽を摘んでいるからだ。ただ無闇にクリアをしたりしない。精度の高いキックで一気にカウンターへと繋ぐ。

また、昨季までは前線からのハイプレスにこだわっていたが、今季は新たな引き出しもできた。試合展開や時間帯によっては5バック気味に引いて守り、ふたりのボランチもバイタルエリアを固める。リーグ戦再開となった第15節・アルビレックス新潟戦では、浦和のシュート6本に対し、14本ものシュートを浴びながら、オウンゴールの1点を守り切って勝ち点3を手にした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.