くらし情報『堤幸彦が舞台で描く、憎めない中年男と女たち』

2014年9月25日 15:00

堤幸彦が舞台で描く、憎めない中年男と女たち

堤幸彦が舞台で描く、憎めない中年男と女たち
ドラマ『TRICK』や『SPEC』シリーズなど多くのヒット作と、その映画版での監督でも知られる堤幸彦。近年は並行して舞台演出をコンスタントに手掛けているが、中でも名バイプレーヤーとして知られる半海一晃野添義弘多田木亮佑と2009年に結成した演劇ユニット〈キバコの会〉は、今回で早くも第5弾。毎回3人以外のキャストと脚本家をゲストに迎え、書き下ろし作品を披露している彼らの最新作『KAKOCHI-YA』が東京・赤坂RED/THEATERで上演中だ。

キバコの会『KAKOCHI-YA』チケット情報

ある嵐の夜、人里離れた屋敷に教師の天宮(半海)と漁師の岬(野添)、社交ダンス好きの大原(多田木)が集められる。彼らを呼び出したのは、過去に関係があったものの今はこの世にいない女たち――天宮の元教え子昌子(矢吹春奈)、岬の娘淳子(真野恵里菜)、大原の妻百恵(三浦理恵子)。屋敷に住み、霊界と現世をつないでいるという怪しげな「託ち屋(かこちや)」(高垣彩陽)は、女たちの恨みを断ち切らないと、天宮らの身が危ないと告げる。男たちが忘れていた記憶をたどるうち、意外な事実が明らかに…。

チラシにも「『託つ(かこつ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.