くらし情報『お笑い界の「女太閤」を喜劇役者・藤山直美が演じる』

2014年10月24日 18:20

お笑い界の「女太閤」を喜劇役者・藤山直美が演じる

お笑い界の「女太閤」を喜劇役者・藤山直美が演じる
お笑い王国・吉本興業の創始者であり、「女太閤」と呼ばれた吉本せいの波乱に満ちた人生を描く『笑う門には福来たる』。一代で成功した実在の女性の強さや哀しさを、今回が博多座7回目の出演となる藤山直美が生き生きと演じる。

【チケット情報はこちら】

9月末に福岡市内で行われた記者会見でも「吉本のお芝居を、松竹の製作で、博多座で上演する。めちゃくちゃややこしいことですわ!」と、開口一番会場を笑いに包み込む藤山。以前より一代記には興味があったと言い、大阪出身で「生活の一部」と語る吉本興業の創始者となれば、気合もまた入る。「今、テレビをつけると、朝から深夜まで吉本の芸人さんがぎょうさん出ていらっしゃいます。これの“事の始まり”って一体何なんだろう。根本を一度掘り下げて見てみたいな、復元してみたいなという気持ちは以前からありましたね。大阪出身の私が演じることで、気楽に観てもらえたら嬉しいですね」

「笑いを生きる力に」「お客様のことを第一に」と、藤山直美と吉本せいには共通点も多い。また、吉本人気に大きく貢献したのは稀代の名芸人・桂春団治の高座をかけることに成功したことであるが、「桂春団治」は父である藤山寛美の人気作であったことなど縁も深い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.