くらし情報『ラスト3! 浦和8年ぶりVか、G大阪が止めるか』

2014年11月20日 12:30

ラスト3! 浦和8年ぶりVか、G大阪が止めるか

ラスト3! 浦和8年ぶりVか、G大阪が止めるか
J1優勝争いがいよいよ天王山を迎える。11月22日(土)・埼玉スタジアム2002で浦和レッズが勝てば8年ぶり2度目の優勝が決定するのだ。対するは勝点5差で2位につけるガンバ大阪である。G大阪にとって負けは許されない厳しい戦いとなるが、アドバンテージもある。

浦和×G大阪の対戦成績は18勝8分19敗とほぼ互角だが、埼玉スタジアムでのゲームに限って見ると、3勝4分1敗とG大阪が優勢だ。何より、G大阪は11月8日に『ナビスコカップ』を制している。2-0とサンフレッチェ広島にリードを許しながら、パトリックの2ゴール、大森晃太郎の決勝弾で逆転戴冠を果たした勢いがある。事実、長谷川健太監督も試合後、「今日ひとつタイトルを取ったことで選手も気持ちが楽と言うか、無冠だと非常にプレッシャーになったと思うので、いい形で浦和戦に臨めると思う」と語っている。確かにカップ戦の追い風、逆風は存在する。昨年『ナビスコ杯』決勝で敗れ、その後リーグ戦は1分3敗に終わり、優勝戦線から脱落したことは浦和サポーターの記憶に新しいだろう。

2週間空いたG大阪の調整期間はMF・遠藤保仁&今野泰幸、GK・東口順昭が日本代表で不在だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.