くらし情報『今年で29回目。仙台の夜を華やかにライトアップ』

2014年12月15日 18:40

今年で29回目。仙台の夜を華やかにライトアップ

今年で29回目。仙台の夜を華やかにライトアップ
仙台の冬の風物詩、夜の街並みをライトアップする「2014 SENDAI 光のページェント」が12月12日からスタート。29回目を迎える今年のテーマは、あたたかな光が創り出す「よろこびと感動のステージ!」。一人ひとりの夢と希望の光が街の至るところで輝きだす。開催は31日(水)まで。

毎日17時30分から23時まで(31日(水)のみ24時まで)、定禅寺通・東二番丁通~市民会館前の区間をライトアップする同イベント。初日の12月12日には、せんだいメディアテーク前・緑道で点灯式を開催。カウントダウンとともにケヤキ並木が一斉に点灯し、ページェントの始まりを華やかに演出した。会期中は、その他様々なイベントを開催。ケヤキ並木でイルミネーションを一瞬消灯後、再点灯するイベント「スターライト・ウィンク」(連日、18時・19時・20時の3回開催)をはじめ、定禅寺通のイルミネーションを見ながらピアノ演奏が聴ける、一日限定のロマンティックなコンサート(21日(日))、サンタクロースやトナカイなど思い思いの扮装をした市民やマーチングバンドによるパレード(23日(火・祝))など、様々な催しが楽しめる。

チケットぴあではこのイベントを支援する募金を一口1000円から受付中。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.