くらし情報『初舞台化が決定!『時をかける少女』今夏上演』

2015年4月3日 17:50

初舞台化が決定!『時をかける少女』今夏上演

初舞台化が決定!『時をかける少女』今夏上演
キャラメルボックスが劇団創立30周年記念の第3弾として、筒井康隆の小説『時をかける少女』を今夏、東京と大阪で上演する。1967年の発刊以来、幾度となくドラマ、映画、アニメへと映像化されてきた同小説だが、舞台での上演は意外にも今回が初めて。

キャラメルボックス『時をかける少女』チケット情報

舞台化にあたり、原作者である筒井の了承のもと、劇団の脚本・演出を務める成井豊が小説のその後の物語として新たに脚本を執筆する。17才の少女、マナツは幼馴染みの輝彦と一緒に、大学の研究室で起きた爆発事故に遭遇。その衝撃でタイムリープしてしまう。舞台版では小説の主人公・芳山和子がマナツの伯母として登場。32年前、高校生だった和子もタイムリープしていた、という設定で、過去と現在を繋ぐキーパーソンになりそうだ。他にも重要な人物がマナツを不思議な体験へと導くなど、キャラメルボックスならではの物語になる模様。出演は、マナツ役に劇団の若手・木村玲衣が扮し、元劇団員の近江谷太朗、D-BOYSの池岡亮介が客演として参加する。

《脚本・演出:成井豊のコメント》
キャラメルボックス創立30周年記念公演の第3弾は、『時をかける少女』。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.