くらし情報『『ウィンズロウ・ボーイ』家族の会話劇が問う正義』

2015年4月6日 17:18

『ウィンズロウ・ボーイ』家族の会話劇が問う正義

『ウィンズロウ・ボーイ』家族の会話劇が問う正義
小林隆中村まこと竹下景子ら実力派俳優陣と新国立劇場演劇研修所を修了した若手俳優が会話劇で魅せる『ウィンズロウ・ボーイ』が4月9日(木)より開幕する。3月下旬、佳境を迎えた稽古場に足を運んだ。

舞台『ウィンズロウ・ボーイ』チケット情報

テレンス・ラティガン作で1946年に初演され、映画化もされた名作。1910年代のロンドンを舞台に、窃盗で海軍士官学校を退学になった息子の無実を信じ、名誉回復のために闘う家族の姿を描く。過去にもラティガン作品の企画・上演に関わってきた鈴木裕美が、小川絵梨子による新翻訳の脚本で演出に挑む。

まず稽古が行われたのは、次男・ロニーが退学となり自宅に戻り、家族がその事実を知る第一幕。鈴木はセリフをひとつずつ精査し、それが成立するのか、生理的に無理がないかを俳優と話し合って詰めていく。「会話を楽しんで!相手のセリフから耳を閉じないで!」という声が稽古場に響く。間合いに表情、体の向きと細部に至るまで俳優と確認しながら、登場人物の感情や個性を会話の中から作り上げていく。

昔ながらの中流階級の一家が正義のために闘うという物語からは、古典的でシリアスな雰囲気がイメージされがちだが、一家が繰り広げる会話は、軽やかでユーモアにあふれ笑いを誘う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.