くらし情報『洒脱でウィットに富むバレエ『こうもり』稽古場レポ』

2015年4月17日 19:05

洒脱でウィットに富むバレエ『こうもり』稽古場レポ

洒脱でウィットに富むバレエ『こうもり』稽古場レポ
同名のオペレッタの音楽と物語を踏まえつつ、振付家ローラン・プティが独自のアレンジを施したバレエ『こうもり』。新国立劇場バレエ団では、2002年の初演以来、レパートリーとして定着している。3年ぶりの再演を控えた稽古場では、プティの生前から右腕として活躍し本作でウルリックも演じたルイジ・ボニーノの指導の下、リハーサルが進んでいた。

新国立劇場バレエ団『こうもり』チケット情報

夫ヨハンの夜遊びに悩む主婦ベラが、友人ウルリックの助言に従い、謎の美女に変身して夫の心を取り戻すまでを描く本作。この日の稽古は1幕、ヨハンとベラの家の場面から始まった。まず、ベラの初日キャスト小野絢子が、ヨハンの別日キャスト井澤駿を相手に、倦怠期を迎えた夫婦を演じ、彼らの間をウルリック役の福田圭吾が生き生きと往来。次に、ベラを初めて演じる米沢唯が、ヨハン役の菅野英男、ウルリック役の八幡顕光と共に踊った。もうふたりのベラ役、湯川麻美子、本島美和も稽古を見守る。

プティ作品では、バレエのテクニックに加え、時に規範から外れるようなユニークな表情や動き、そして演劇的な雄弁さが求められる。食事シーンでは「わあ、ご飯だ、美味しそう!」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.