くらし情報『キャラメルボックス、夏の切ない感動作を8年ぶりに上演』

2015年5月8日 17:25

キャラメルボックス、夏の切ない感動作を8年ぶりに上演

キャラメルボックス、夏の切ない感動作を8年ぶりに上演
今年、劇団結成30周年を迎えている演劇集団キャラメルボックスのアニバーサリー公演第2弾『カレッジ・オブ・ザ・ウィンド』がまもなく開幕する。4月末、この作品の稽古場を取材するとともに、作・演出の成井豊、メインキャストの原田樹里、畑中智行に話を聞いた。

キャラメルボックス『カレッジ・オブ・ザ・ウィンド』チケット情報

物語の主人公は、年に一度の家族旅行の道中で事故に遭い、自分以外の家族全員をなくしてしまった大学生・高梨ほしみ。病院に運ばれたほしみだったが、その目には亡くなったはずの家族が見えていた。彼らは幽霊になって家族旅行を続けていたのだ。さらに、ほしみの叔父・鉄平もまた、ほしみのいる病院へ逃げ込んでくる。彼は何故か刑事に追われているようで…。切なくも温かい家族の物語にスリリングな展開が交錯し、劇団を代表する名作との呼び声が高い。1992年の初演から数え、今回で4回目の上演だ。人気作ながら8年ぶりの上演となった理由を、成井は「劇団結成30年ですので、過去の代表作を再演をせねばと思ったらやっぱりこの作品しかない。さらに、今だったら過去3回と比較してもベストの『カレッジ~』を作れる役者が揃った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.