くらし情報『ウエンツ瑛士と濱田めぐみが時代の寵児を演じる』

2015年7月30日 17:10

ウエンツ瑛士と濱田めぐみが時代の寵児を演じる

ウエンツ瑛士と濱田めぐみが時代の寵児を演じる
ミュージカル『ジキル&ハイド』『アリス・イン・ワンダーランド』など、日本でも多くのヒット作で知られるブロードウェイの作曲家フランク・ワイルドホーン。彼が2005年に手掛けた『スコット&ゼルダ』が、ついに日本で初演を迎える(日本版演出は鈴木裕美)。『グレート・ギャツビー』(2013年レオナルド・ディカプリオ主演で映画化『華麗なるギャッツビー』邦題)を書いた作家スコット・フィッツジェラルドと、その妻ゼルダの数奇な運命を、1920年代という"ジャズ・エイジ"を絡めて描く話題作だ。今回、主役のスコットを演じるウエンツ瑛士と、ゼルダ役の濱田めぐみに聞いた。

ミュージカル『スコット&ゼルダ』チケット情報

1917年のアメリカ。平凡な日常に退屈していたゼルダ(濱田)は、あるパーティで作家志望の青年スコット(ウエンツ)と出会う。意気投合したふたりは恋に落ち、結婚。やがて第一次世界大戦が終わり、酒と享楽が時代を支配するなか、人気作家となったスコットと妻ゼルダは「ロストジェネレーション」の一員として、ゴシップ欄の常連となっていき…。

一躍時代の寵児となるも、44歳で非業の死を遂げるスコット。これまで映画や舞台で様々な人物像が描かれてきたが、ウエンツは「純粋で繊細な人だと思う」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.