くらし情報『赤塚不二夫、最高傑作の舞台化、いよいよ開幕』

2015年7月31日 17:55

赤塚不二夫、最高傑作の舞台化、いよいよ開幕

赤塚不二夫、最高傑作の舞台化、いよいよ開幕
細川徹が作・演出を手掛ける人気舞台シリーズ『男子はだまってなさいよ!』の最新公演『男子!レッツラゴン』が7月30日に東京・本多劇場で初日を迎えた。

【チケット情報はこちら】

同作は、赤塚不二夫が描いたマンガ『レッツラゴン』の初舞台化。細川徹は赤塚作品を敬愛しており、2010年には『天才バカボン』を舞台化。赤塚不二夫生誕80周年イヤーの今年は、赤塚自身が「自己最高傑作」と語った同作の舞台化に挑んだ。

主人公、ゴンを演じるのはバンド黒猫チェルシーのボーカルで、俳優としても活躍している渡辺大知。渡辺は同作が舞台初出演となる。そのほか、中村まこと荒川良々、スチャダラパーのANI、バッファロー吾郎バッファロー吾郎A、ラバーガールシソンヌの多彩なキャストが脇を固める。

公演は『レッツラゴン』のNHK朝の連続テレビ小説化、ピクサー映画と『レッツラゴン』のコラボ、映画『マッドマックス』にゴンたちが登場など、シュールな世界観が盛りだくさん。実力派の個性派俳優&芸人たちが、どっぷりと作品の世界に入り込み、見事な演技力と持ち前のキャラクターを存分に活かし、観客を引き込んでいく。

エンディングまでたっぷりとバカバカしい笑いが詰め込まれた『赤塚不二夫生誕80周年+男子はだまってなさいよ!10 「男子!レッツラゴン」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.