くらし情報『1920年代米国の“時代の寵児”の物語にウエンツらが挑む』

2015年9月1日 11:35

1920年代米国の“時代の寵児”の物語にウエンツらが挑む

1920年代米国の“時代の寵児”の物語にウエンツらが挑む
小説「グレート・ギャツビー」の作者であり、酒と享楽が時代を支配した1920年代米国を表すアイコンとしても知られる作家、スコット・フィッツジェラルド。時代の寵児として駆け抜けたスコットと妻ゼルダの希有な人生を、作曲家フランク・ワイルドホーン(『ジキル&ハイド』『スカーレットピンパーネル』)がミュージカル化、今回初めて日本版が上演される。キャストのウエンツ瑛士濱田めぐみ中河内雅貴山西惇、そして日本版演出の鈴木裕美と、今回特別に募ったオーディエンスが出席した製作発表が、8月27日、都内の会場で行われた。

ミュージカル『スコット&ゼルダ』チケット情報

製作発表はパフォーマンスからスタート。1920年代のアメリカは“ジャズ・エイジ”でもあり、ビッグバンド風の華やかな曲「唸るほどの金」をバックに、中河内が三つ揃いのスーツでダンスを。途中で参加したスコット役のウエンツとゼルダ役の濱田の歌は、成功に酔いしれる若者の心情がストレートに伝わってくる。次いでスローな曲調に変わり、ウエンツと濱田のデュエット「すべてをくれる人」。互いの魅力を歌で言い合う姿は、ふたりのつかの間の幸せを表しているようだ。どちらもワイルドホーンらしいキャッチーで耳なじみのいい曲で、観劇の帰りについ口ずさんでしまいそうだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.