くらし情報『14年ぶりVへ! 風はヤクルトに吹いている!!』

2015年9月17日 16:40

14年ぶりVへ! 風はヤクルトに吹いている!!

14年ぶりVへ! 風はヤクルトに吹いている!!
14年ぶりのセ・リーグ制覇へ、期待に胸を膨らます燕党も多いことだろう。首位・ヤクルトは67勝60敗2分で、2位・阪神に1ゲーム、3位・巨人に2ゲーム、4位・広島に3.5ゲーム差をつけている。残り14試合もDeNA・中日相手に各1試合のみ、阪神と3試合、巨人と5試合、広島と4試合となっているが、望むところ。直接ライバルたちを叩き落とすだけだ。

東京ヤクルトスワローズ 主催試合

データも後押しする。対阪神は10勝12敗、対巨人は10勝10敗、対広島は11勝10敗とほぼ互角の戦いぶりだが、巨人戦は5連勝中、阪神戦は8月以降5勝3敗、広島戦は8月以降4勝2敗と勢いはヤクルトにあり。9月以降の成績もヤクルトは6勝2敗1分、広島も7勝3分2敗と勝ち越すが、阪神は5勝5敗1分、巨人は4勝4敗だ。しかも、阪神と広島は9月18日(金)から12連戦を強いられる。追い風はヤクルトに吹いているのだ。

2011年の悔しさを忘れてはいない。9月まで首位を守っていたヤクルトだが、10月に入って6勝11敗と失速し、最大10ゲーム差をつけていた中日に大逆転を許したのだった。

ここまで、ヤクルトは打ち勝ってきた。チーム打率.258、チーム得点518はともにリーグトップ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.